宅配の買取の支払方法は銀行振り込みになります

買取時の支払方法というものは、買取方法によって変わってきます。例えば買取方法には、買取店に直接家まで来てもらう出張買取、自分自身で買取店まで行く店頭買取、郵送で手続きをする宅配買取などがありますが、これらの買取方法だけでも支払方法は変わります。

従って買取方法を選ぶ場合には、売却後の支払方法を含めて考える必要があります。出張買取や店頭買取の場合では、本人の目の前で品物の査定を行うため、支払のシステムとしてはその場で支払ってもらえるということになります。

ただこちら側が支払いは後でもいいという場合や、支払いが大金になって現金を受け取るのが心配などといった場合には、後日銀行振り込みに変更してもらうことも可能です。また高額になったことによって買取店側に現金の持ち合わせが足りないなどといった、買取店側の都合で後日銀行振り込みになる場合もありますが、原則的にはその場での支払いが多いですし、利用する側もその場で支払って欲しいからこそ、出張買取や店頭買取を使うということが多いです。

一方宅配買取は、支払方法は基本銀行振り込みということになります。

cap image

商品を買取店に郵送した後に、買取店は査定をして買取金額の見積もりをメールなどで知らせてくるので、その額に納得がいったのなら支払いがなされるということになります。銀行の口座番号のことは、商品が発送される際に公開する場合、支払うときに初めて公開される場合など、買取店によって微妙に違う場合があるので、あらかじめ調べておくといいでしょう。

このように買取方法によって支払方法は変わります。

今すぐ現金が欲しいかそうではないといったことや、銀行振り込みで可能なのか嫌なのかといったことを、しっかりと頭に入れておくといいでしょう。ちなみに宅配買取で、絶対に現金がいいという方には、現金書留で支払ってくれる買取店もあります。この通り各買取店で違いがありますし、交渉をすれば別の支払方法にしてくれる場合などもありますので、一度支払方法を相談してみるのもいいでしょう。